読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弱酸性デメリット

なんか書く

伊藤計劃について最近キレてること

ちょっと怒りたかったことがあったので書きます。ブログ本来の趣旨とは違うことを読者様にお詫びします。
最初に言う。伊藤計劃を神格化するな。
僕は文庫の虐殺機関を読んでから彼のファンであり僕の人生を変えた人だと思っている。今でこそ粗い部分も見えるがハーモニーも虐殺も彼の短編も映画評論ですら惜しい人物を亡くしたと思わせてくれる。
また、日本SFを盛り上げた意味でも彼は大きい存在だ。SFに興味がなくても計劃個人を好きって人は多い。
しかし、ポスト計劃だのproject itohだの計劃以後の日本SFだのどうにも計劃を過剰に持ち上げる人が余りにも多い。多すぎる。
本当に計劃は日本SFを変えたのかと言えば疑問である。計劃の作品の主題、世界観に関して言えば既存のSFに比べて斬新というわけではない。例えば虐殺機関の「人を操る言語」は山元弘の短編で同じような話がある。勿論、どちらかがパクった訳ではなく、わりとありふれたアイデアなのである。そもそも言語SFは神林長平氏などがいくつもの画期的な小説を出しており言語をテーマにSFを書いたのは計劃が最初とか言うのは正直勉強不足だ。他にもディストピア的世界観はジョージ・オーウェルバロウズのアイディアが色濃く出ている(ハーモニーは特に顕著だった)
計劃の著作はSF界に突然表れた特異点ではない。
また、これだけ持て囃されているのに伊藤計劃系譜を受け継ぐ作家は全然話題に登らない(柴田勝家氏なんかは計劃に影響を受けたと言っているが)
SFの一大ムーブメントを築いた寵児であるディック、バラード、ギブスンはあとに作風を継いだ作家がゴロゴロ出てきたにも関わらず計劃を継いだ作家は円城塔氏ぐらい、しかも遺作を書き上げただけで両氏の作風はまったく異なる。
また、作品として論理性に欠ける所も多い。虐殺機関の最後のシーン、アメリカを罰するシーンは明らかに理由に乏しい。ハーモニーも上げれば論理的欠如はかなりあるだろう。それは作品としての出来を落とすことではない。しかし、完全無欠な小説というわけでもないと言うことだ。まだ未完でありこれから伸びるという意味では本当に惜しい人を亡くしたと思う。
しかし、能力独創性で計劃と並ぶ作家は他にもいる。
ではなぜここまで計劃だけが持て囃されるのか
ぶっちゃけ言おう。

彼が長い闘病生活の中で作品を書き続け、そして亡くなったからだ。

嘘だと思うなら彼の受賞歴を見てみるといい。星雲賞ですら彼の死後に与えられたものだ。そのときまで日本SF界は彼のことなんてちーっとも関心無かったんじゃなかろうか(一応補足すると日本SF界隈の重鎮である大森望氏は彼のことを生前から高く評価していた)
で、売れたじゃん?売れないSF界隈でマルドゥック・スクランブル以来の馬鹿売れじゃん?
これはビジネスチャンスだって思ったんだろうね。あれよあれよという間に美談が盛り込まれ天才だ天才だ持て囃され時代の寵児だポスト伊藤計劃だ日本SFを変えただの生前は見向きもしなかった人達が言うわけだ。
美談だけを見て彼の著作に耳を傾けているのか。僕は劇場版ハーモニーを見たときに失望した。原作をちゃんと読んでいればこんな作品は作らないだろうとおもった。映画にするから仕方ないって?監督のオリジナリティが大切だって?だったらproject itohとか名乗るなよ。
いい加減にして欲しい。今の持ち上げは彼を貶めているとさえ思う。
これでブームが過ぎたらどうするつもりなのか?
また誰かが死ぬのを待って死んだ後に彼は素晴らしい人だった惜しい人を亡くしたとか言いながらもちあげるのか?
止めてくれ、もう耐えられない。
今現役の作家に目を向けてくれ。計劃でなくても日本SF界には素晴らしい作家がたくさんいるのだから。

ここまで書いてなんだが僕の計劃観は歪んでいるかもしれない。その理由としてそもそも計劃に思想を求めてないからだろう。
計劃はエンタメだ。
メタルギアのノベライズとかジェームズボンドをネタにした小説とか、ハーモニーの追っ手から逃げるシーンとかインドでジョン・ポールを拘束するシーンとか(文庫本で加筆された所だっけ?)堅苦しいものではなく気軽に楽しめるエンタメ小説として見ても優れている。
また計劃はジュブナイルだ。社会に抑圧された「わたし」の拙くとも切実な叫びに僕は胸を打たれた。自意識過剰で、多くの場合社会に抑圧されていると感じる青年期の子供たちの胸にクリティカルだったろう。僕もその一人だ。僕が読んだのが高校生のときでなければまた評価も変わったかもしれない。

こういう読み方もあるのだ。僕は計劃を堅苦しい思想の世界に落としこめるのを望まない。哲学者が持論を主張する媒体に使われるのを望まない。

僕は思想ではなく、計劃が好きだからだ。

長い話をしましたがこれで終わりにします。
偏見に満ちた話をしてご免なさい。
次は全うに紹介記事をあげるからよろしくね。